リフォームなど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いったいこれは何なんだろうか?

物件のリフォームでのことなんですが、2階の部屋で思わぬものに遭遇したんです。
いったい何なのかというと・・・
スポンサーサイト

2ハンドルシャワー混合水栓に一時止水機能付きシャワーヘッドを取り付けする 実践編

前回、2ハンドルシャワー混合水栓に一時止水機能付きシャワーヘッド(ストップシャワーヘッド)を取り付ける際に注意しなければいけない点を書きましたが、今回は、それを踏まえて取り付けの実践編といきたいと思います。

2ハンドルシャワー混合水栓に一時止水機能付きシャワーヘッドを取り付けする 準備編

2ハンドルシャワー混合水栓に一時止水機能付きシャワーヘッドを取り付けするには、注意しなければいけないことがあるって知っていましたか?

追加リフォーム

 昨年購入した戸建に追加リフォームが発生しました。
 
 
 押入れの床がベニア板なんですが、
 そのベニアに足を踏み入れると、
 
 
 バキっと割れてしまいそうなんです。
 
 
 そこで、コンパネを敷くことにしました。
 
 
 
 あまっていたコンパネの切れ端を、
 ゼットソーで切っていたのですが、
 
 
 
 かなり使い込んでいたのと、
 腕の悪さが相まって、
 
 
 ゼットソーが折れてしまいました。

 
 
 急遽、替え刃を買いに行きまして、
 無事にコンパネを切ることができました。
 

 
 予想外の出費になってしまいましたが、
 新しい刃は、切れ味抜群です。(^▽^)

耐水ペーパー バスタブ セルフリフォーム

 セルフリフォームしている
 お風呂のバスタブがステンレス製なんですが、
 

 
 水垢なのか石鹸糟なのかよく分からないですが、
 積年の汚れが積もり積もっていて、
 
 
 普通にスポンジでこすっても
 全然きれいにならないんですね。
 
 

 前に住んでいた人は、
 ちゃんとお風呂掃除していたのだろうか?
 
 
 
 お風呂に入る人の気持ちを考えたら、
 やっぱりきれいにしないといけないです。

 
 ステンレスの汚れには専用の磨き剤ということで、
 ステンレス磨きをホームセンターで買ってきました。


 ステンレス磨き剤を布に付けて、
 ゴシゴシと頑張って磨いて、きれいになることはなるのですが、
 
 
 すっごい疲れる割には、
 思ったほどきれいになりません。
 
 
 いったいいつになったら仕上がるのか
 といった感じです。
 
 
 
 そうすると人間というのは、
 『もっと楽にできる方法はないかな~』
 
 と考えてしまうんですよね~。
 
 


 床のタイルを磨いたこれ↓を使ったらどうなるか。

 
 ▼サンポール
 http://toushinoheya.web.fc2.com/a/sanpoll.html 

 
 ちなみに、「金属製品には使用しないでください」
 と書いてあります。
 
 
 酸性ですから、金属が酸化してしまいますからね。
 
 

 ちょっと試してみると、
 意外や意外(でもないか)
 
 
 汚れがけっこう落ちました。
 
 
 しかし、すばやく水で洗い流さないといけなくて、
 風呂がびしょびしょになってしまうので、

 
 作業効率が悪いです。
 
 
 しかたなくステンレス磨きでまた頑張ってたのですが、
 いかんせん、こすり続けるのは辛いです。




 そこで、風呂の壁のタイルを磨くのに使用していた
 これ↓はどうなんだろうと・・・
 
 

 ▼耐水ペーパー
 http://toushinoheya.web.fc2.com/a/wpp.html 
 
 
 傷が付かないか気になりましたけど、
 思い切ってチャレンジしてみました。
 
 
 
 
 その結果は・・・ 
 
 
 
 
 
 
 大成功でした(^▽^)(^▽^)
 
 
 
 
 簡単に汚れが落ちて、
 作業効率が一気に良くなりました。

 
 
 思わぬ発見に、
 今までの疲れも吹き飛びました。
 
 
 
 できるかどうかは、
 やってみて判断する方がいいですね。

サンポール大活躍 セルフリフォーム

 ▼不動産投資の学校 実践報告会 2月6日開催!!






 昨年8月から週末にコツコツと行ってきた、
 セルフリフォーム作業もほぼ終わりに近づきました。
 
 
 
 以前の記事で、
 お風呂場のタイル張り作業での失敗を書きましたが、


  
 
 思わぬ方法で挽回することができました。(^▽^)
 
 
 
 先週は、
 ステンレスのバスタブをきれいにする方法や、
 タイルの表面をきれいにする方法を探していたんです。
 
 
 お風呂場の壁タイルやドアには、
 長年の水垢や石鹸カスがこびりついていて、
 いくらこすっても全然きれいにならないんです。
 
 
 業務用マジックリンでもダメでした。
 
 
 
 
 しつこい油汚れには、ものすごく強いのですが、
 水垢や石鹸カス(?)には通用しません。
 
 


 
 でもって、いろいろ調べてみると、
 トイレ用洗剤のサンポールというのが、どうやら効くみたい
 
 な事がどこかに載っていました。
 
 
 
 
 で、早速ホームセンターにサンポールを買いに行ったんです。
 
 
 
 
 
 パッケージの説明を読んでいると、
 
 「タイルに使用する場合、目地を傷める恐れがありますので注意してください」
 
 みたいな事が書いてあるわけです。
 
 
 
 目地を傷める?
 
 
 ひょっとして床に張ったタイルに残った目地セメントを取り除けるのでは?
 
 と思って、タイル1枚で試してみました。
 
 
 
 サンポールを垂らして、ナイロンブラシでこする
 
 
 すると、なにやらきれいになったではないですか(^▽^)
 
 
 酸の力のサンポール
 思わぬところで大活躍してくれました。(^▽^)
 
 
 残りのタイルもサンポール処理しました。
 神様はぼくを見捨てませんでした。
 
 
 
 『乗り越えられない試練は与えられない
 
 
 
 まさにこういうことでしょうか。
 
 
 
 サンポール使用時の注意事項ですが
 
 サンポールは酸性なので、、
 カビキラーなどの塩素系洗剤とまぜると塩素ガスが発生します。
 
 
 『まぜるな危険』です。
 
 
 (ちなみにマジックリンはアルカリ性)






 ▼不動産投資の学校 実践報告会 2月6日開催!!

失敗 セルフリフォーム

2月21日開催!!
「お金の教養」フェスティバル2010




 このあいだの3連休もセルフリフォームにいってきました。
 
 
 昨年中に終わらせる予定でしたが、
 
 セルフリフォームも初めてのこともあり、
 思いのほか時間が掛かっています。
 

  
 気合を入れて追い込みを掛けないといけません。
 

 
 そんな中、失敗してしまいました。
 
 
 どんな失敗をしてしまったかというと、
 
 
 
 お風呂の床のタイルがかなり欠けていたので、
 あたらしくタイルを張ることにしたんです。
 
 
 タイルセメントでタイルを張り付け、
 目地セメント処理をしたときのことです。
 
 
 勝手がわからなかったので、
 目地セメントを詰めたあとに、
 
 
 タイルの表面をしっかりとふき取らずに
 乾かしてしまったんですね。
 
 
 乾いてからでもタイル表面の目地セメントは
 取れると思っていたんです。
 
 
 ところが、乾いてからいざ拭いてみても、
 ぜんぜん取れないんです。
 
 
 ブラシで擦ってみても、
 きれいにはなりませんでした。
 
 
 なんだか、使い古して汚れたタイル床
 みたいになってしまいました(>_<)
 
 

 ★タイル張りの教訓
 
 タイル表面についた目地セメントは、
 しっかりと拭き取りましょう!!

畳 → フローリングへの下地作り セルフリフォーム

畳を捨てた部屋の続きです。



2階の畳だった部屋のリフォームを進めました。
 
 
畳 → フローリングへの変更
 
 
フローリングにするには、下地の処理が必要なんです。


畳を剥がしたところに
直接フローリングを張るのではダメなんですね。
 
 
 
まず、根太というものを敷き、
コーススレッドというネジを
 
インパクトドライバーで打ち込み固定します。
 
 
インパクトが利いた時の
『ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ』
 
という音がたまりません(笑)
 
 
音がかなり出ますので、夜の作業は禁物です。
 
 
根太の間に、ちょうどよくカットした断熱材を入れます。


kodate031.jpg
 
 
 
その上に、コンパネを敷くので、
 
コンパネの端っこが根太に乗るように、
根太を配置する位置を調整する必要があります。


kodate032.jpg
 
 
コンパネには、
根太に固定する位置を線引きしました。


kodate033.jpg
 
 
部屋の反対側からも行います。


kodate034.jpg


コンパネをすべて張り終えました。


kodate035.jpg


コンパネはあらかじめ
ホームセンターでカットしてもらってきたのですが、


微妙に寸法が合わずに、
現場でゼットソーでカット作業をしました。



慣れない作業なので、
というか初めてやる作業なので、
 
 
昼ぐらいから初めて、
夜まで掛かってしまいました。


でも、木の香りがいい感じになってきました。

畳の廃棄 セルフリフォーム

購入した戸建には、
畳の部屋が2部屋あるのですが、
 
 
もう畳が擦り切れていてボロボロでひどいんです。
 
 
他の物件の畳を見ると、
どんなものでも新しく見えてしまいます(笑)
 
 
そんな畳なんですが、
リフォームするにあたって
 
 
表替えをするという方法もあるのですが、
コスト面から考えて(手間は度外視^^;)
 

フローリング化することにしました。
 
 
ですので、2部屋分の畳11枚を剥がして、
車に積み込み捨てに行きました。
 
 
畳って思いのほか重いんですよね。
 
 
お家大好きさんにも手伝っていただき、 
なんとか1回で積むことができましたが、
 
 
ホント車はパンパンで、
しかも、畳はボロボロなので、
 
 
車の中はもう大変なことになりました。
 
  
リフォームする事を目的にして買った車ではなかったのですが、
思わぬ積載性の高さに救われました。
 
 
燃費はあまり良くないですけど・・・(笑)
 
 
セルフリフォームを目指す人は、
積載性の高い車を持つことをお勧めします。





●1階のボロボロの畳

kodate027.jpg

ズルズルのボロボロで、
歩いただけで、畳のくずがたくさん出てきてしまいます。

もう靴で上がっています ^o^;)



●2階のボロボロの畳

kodate028.jpg


●畳を剥がした下地

kodate029.jpg



●1階の畳を全部剥がしたところ

kodate030.jpg


安いつくりだと、下地の板が薄っぺらくて、
乗ったら底が抜けてしまうようなものもありますが、


しっかりした板が使用されていて、
乗っても大丈夫でした。

開かずの間 セルフリフォーム

開かずの間を開けたら、大変なことになってしまいました・・・


ランキング低迷中・・・
是非、応援のクリックをお願いしますm(_ _)m


開かずの間とは、厳密に言いますと、
開かずの戸袋のことです。
 
 
戸袋って何かというと、
家の雨戸をしまうところです。
 
 
リフォーム中の戸建物件で、
1箇所だけ、板とガムテープで封印された
戸袋があったんです。
 
 
このままではまずいなと、
先日、遂に封印を破る決意をしました。


戸袋にぎっしりつまった状態

kodate023.jpg
 
 
棒(コンパネの切れ端)で掻き出しては、
手で掴み取るというのを、何時間かずっとしましたが、
 
 
いろんなものが出てくるわ、出てくるわで
もう大変です。
 
 
まず封印を解いて最初に出てきたのが、
なんと、
 
 
・白骨化した鳥の死骸
 
 
残念ながら画像はないのですが、
(むしろ撮りたくないです)
それはもう、きれいな形で残っていました。
 
 
そして、もう沢山の藁が詰まっているのですが、
 
 
なんでこんなのが入っているの?
というものまでありました。
 
 
・ティッシュペーパーの箱2個
 
・防災頭巾2個
 
・ぞうきん1枚
 
・20年前の新聞紙
 
 
藁は鳥が集めてきたものですが、
上記の4つは、人間が意図的に突っ込んだものですね。
 
 
いったい何をしたかったか、
鳥でも飼いたかったのですかね。
 
 
戸建のリフォーム、いろんなことがあります。
 
 
戸建物件を購入する時は、
戸袋のチェックも忘れずに!!
 
 
指値の材料になるかもしれません(笑)



かなり取り除いたけど、まだまだある

kodate024.jpg


相当がんばったけど、ここで限界

kodate025.jpg


超大きなゴミ袋いっぱい

kodate026.jpg

となりにあるペンキのバケツがあんなに小さいので、
どれほど大きい袋かわかると思います。


ランキング低迷中・・・
是非、応援のクリックをお願いしますm(_ _)m

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。