不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなが知らない満室大家さんのヒミツ 寺尾恵介 工藤一善

■もうすぐ始まる


大家さんにコミュニケーション力は必要でしょうか?


答え:絶対に必要


そんなかつてない、
コミュニケーション力に特化した書籍が発売されました。


満室大家さんのヒミツ


みんなが知らない満室大家さんのヒミツ






著者は、
投資家けーちゃんこと寺尾恵介さんと工藤一善さんのお二人。


この本に書かれていることは、

・人気者大家さんと不人気大家さんの決定的な違い

・コミュニケーションを短期間で上達させる方法

・奥さんやご主人を、アパート経営に協力させてしまう方法

・大家さん仲間をたくさん作って、自分のブレインにする流れ

・「管理会社」「職人」「売主」など、相手別コミュニケーションのポイント

・費用ゼロ&誰でも一瞬でできるコミュニケーションテクニック

・知識と経験を短期間にアップさせる大家さん勉強会の活用法



この本を読むことのメリット

・人気者大家さんになって、みんなからVIP待遇をしてもらえる方法が分かる

・その結果、地域平均を大きく上回る入居率をキープできます。

・業者さんへの不満がなくなり、ストレスが激減します。

・周りから大切にされるので、何をやっても楽しめるようになります。

(※キャンペーンページより引用)


今回、書籍の出版を記念して、
もうすぐアマゾンキャンペーンが始まります。




■キャンペーンの特典


大家さん業界で、
まず知らない人はいないという著名人10名に
著者の2人がインタビューした映像がもらえてしまいます。


しかも、2時間以上の映像です。


・藤山勇司さん

・沢孝史さん

・北野琴奈さん

・山田里志さん

・内海芳美さん

・今田信宏さん

・松田淳さん

・中村一晴さん

・赤井誠さん

・西山雄一さん


読者さん中には、
上記の中で知らない人もいるかもしれませんが、

これ、ひょっとして本以上の価値があるかもしれません。


データのサイズが700MBぐらいあるそうです。
果たして無事にダウンロードできるのでしょうか!?




■応募方法


まず、ネットショップのアマゾンから書籍を注文してください。


アマゾンはこちら


注文メールが届きますので、
そのメールに記載せれている注文番号(3ケタ-7ケタ-7ケタ)をコピーします。

コピー方法は、注文番号を選択した状態で、
右クリック→コピーを選択するか、CTRLキーを押した状態でCキーを押してください。


キャンペーンページに進んでください。


キャンペーンページはこちら



以下の4項目を入力します

1.名前(ハンドルネーム可)

2.特典情報を受信するメールアドレス

3.アマゾンの注文番号

4.作者の2人へのコメント


まずは、3番のアマゾン注文番号を貼り付けしてください。

貼り付け方法は、「Amazonの注文コードをコピー&貼り付けしてください」
の右横にある欄を1度クリックして「|」が表示された状態にします。

そして、右クリック → 貼り付けを選択するか、
CTRLキーを押した状態で、Vキーを押してください。

これで、注文番号が貼り付けできます。


それから、1、2、4を入力してください。



■キャンペーンの期間


 4/25 20時 ~ 4/28 23時59分
スポンサーサイト

人民元切り上げ

人民元の切り上げ



アメリカがなぜそんなにも一生懸命になっているのか。


よくわかりませんでした。



中国製品がどんどんアメリカに入ってくるから、

人民元を切り上げて、輸入品が高くなれば、

相対的に国内製品が安くなるので、内需が拡大する。



たしかにそうかもしれません。



でも、本当にそれだけなのでしょうか?



ずっとすっきりしなかったのですが、


その答えが、今日ポッと頭に浮かんだんです。




たとえば、


1ドルが100元だとします。(現在のレートは無視します)



人民元を2倍に切り上げた場合、


1ドルは50元になります。




なぜ、このような状態をアメリカが望むのか?


何か目的があるから望むわけですよね。




で、アメリカは今何を一番したいかということを考えます。




アメリカは世界最大の借金大国です。

今まで、借金に借金を重ねて、それはもう大変です。




これからは、メディケアの問題などもあり、

もっともっとお金が必要なんです。



だから、もっと借金をしなければなりません。




ですから、アメリカが今一番してほしいことは、

他国にアメリカ国債をた~~っくさん買ってもらいたいんです。




買ってもらわないと国が持たないわけです。



日本は、アメリカから国債買えって言われていますから、

ゆうちょの限度額を引き上げて、

国民から金を巻き上げてまでして、アメリカ国債を買います。



しかし、中国は、昨年12月の時点で、

アメリカ国債を売って減らしています。



でも、アメリカはお金持ちの中国に、

アメリカ国債をもっと買わせたい。




だから、アメリカ国債を買わないといってる中国を、

いろんなことをしてイジめるわけです。


・台湾に武器を売る

・チベットのダライ・ラマに会い、人権問題を取り上げる

・googleを攻撃したと言って、中国から撤退させる




でもって、さらに人民元を2倍に切り上げさせると、



1ドルが100元だったところ、

1ドルが50元になるわけなので、



おなじ人民元で、たくさんのアメリカ国債を買わせることができるわけです。



アメリカは中国に、大量にアメリカ国債を買わせたいんです。



ドルを自らあからさまに安くすると、

信用不安におちいるため、


相手側に変更を迫っているわけです。




これは、あくまで勝手な妄想です。

円安で日本株上昇

ここ最近、日本株は上昇していて、

円安基調ですが、これは何を意味しているのか。



まず、円安


日本円が売られ、外貨が買われているから円安になる。


では、売られる円はどこから出てきているのか?


株価は上昇しているので、

株式が売られてお金が作られているのではなさそう。



これは、円の借金が行われていることが考えられます。


その借金された円の一部が日本株に向かう

残りが外貨に向かう


日本株が上昇し、円安になります。


また信用創造が行われている形。



今後、

また日本株下落と円高が同時にやってきたら、

借金の返済が行われているということができます。(きっと)

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。