不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急激な円高 短期金利の急上昇

急激な円高が進んでいます。

ドル円は、過去の最高値1ドル79.75円を簡単に更新して、一時76.32円をつけました。
(FX会社の値段)

昨日、FX会社より円の需要急増により、円の短期金利が急上昇しているため、スワップポイントの逆転現象が発生しているので注意するよう案内があった。

今までは、外貨を買うと、金利差によりスワップポイントがもらえ、外貨売りをするとスワップポイントを支払う必要があった。

本日のキャリーオーバーでは、現象が逆転した。

今までは円との金利差が少なかった通貨は、金利差の広がりによりスワップポイントが大きくなっているので注意が必要だ。

この急激な円高は、スワップポイントの逆転により円買いがさらに加速し、買いが買いを呼ぶという展開のようです。

円が最高値を更新したといって今仕込むのは、まだ危険かもしれないので注意が必要です。

世界中の円キャリートレードが手仕舞いされ、さらに仕掛け的な円買いも発生することが考えられます。

過去の世界的な大事件の後は、何ヶ月も掛けて為替は変動しているので、まだまだ続く可能性が考えられます。


スワップポイントが簡単に逆転するなんて知りませんでした。
豪ドルのスワップポイント目的でロングポジションを持っていて、ずっと耐え続けていればなんとかなるかと思っていましたが、どうやらそうでもないみたいです。
今現在は、同じ枚数のショートポジションをとって両建てしているので、損失はスワップポイントの差分のみの状態です。

今後どのような展開になっていくのでしょうか?

ふりーぱぱさんが、この荒れ相場の直前に、ポジションを全部解消した相場観は見事としか言いようがありません。

先の読めなくなった相場では、「ギャンブルはしない」ということなのでしょう。

たいへん勉強になりました。
スポンサーサイト

東北地方太平洋沖大地震 M8.8 2011.3.11 14:46

東北地方沖の太平洋を震源とする大地震が発生しました。


今週は、三陸沖を震源とする地震が頻繁に発生していました。
どうやら前震だったようです。

最大震度は宮城県北部で7

関東地方でも震度5弱以上の揺れが発生しました。

宮城県や岩手県には非常に大きな津波が押し寄せ、
甚大な被害が発生しました。

千葉県市原市のコスモ石油では大きな火災が発生しました。

JR東日本は終日電車の運転を中止した。



先週だかに千葉県か茨城県にクジラが多数打ち上げられた事件がありました。


ニュージーランドのクライストチャーチの自信の前にも
同じような事がニュージーランドであったという話も聞きます。


私の車も1週間前にバッテリーが上がりました。

そして次の日、左後輪がパンクしていました。


これらは地震の前兆だったのかもしれません。



南米チリの大地震の津波で日本が被害を受けたように、
南米への津波の被害は大丈夫なのでしょうか?



地震が発生したとき何をしていたかというと、
車のバッテリーがご臨終してしまい動かなくなりまして、

またJAFを呼ぶのもなんか気まずいなということで、
(先週呼んでバッテリーを交換したほうがいいと言われたのをケチって放置していた。)

カー用品店にバッテリーを求めに自転車で向かっていました。

するとなにやら変な音楽が鳴り響きました。
緊急地震速報のアナウンスです。

自転車に乗車中に地震に遭遇したのです。
ちょうどカー用品店に到着したところでした。

かつてない揺れを経験しました。


店内は、こんなになってました。

IMG_1714.jpg

地震直後から、

ケータイ電話の通話はできなくなりました。
ケータイメールは送信はできますが、届いていないみたいでした。

Eメールは届いたみたいです。


お目当てのバッテリーが無かったので、
トヨタディーラーに行ってバッテリーをゲットして、

余震が繰り返す中、バッテリー交換作業をしていました。


iPhoneユーザーは、Viberという無料通話アプリを是非入れておきましょう。
ケータイ通話ができない時でも、快適に通話することができました。(Viber同士)

Twitterなどもとても有効な情報ツールとして機能しましたね。



その後も日本中のいたるところを震源とした地震が発生しています。

今回の一連の地震、津波で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。


3/14追記分

地震の被害よりも、その後の大きな津波による被害の方が大きかった。
犠牲になられた人の多くは、津波によるものと思われる。

福島にある福島第一原発、第二原発において自動停止が行われたが、
第一原発1号機、3号機において冷却装置が故障して海水注入を行ったが、
水素爆発が発生し、少量ではあるが放射性物質が飛散して近隣の人が被曝した。

その後第一原発2号機においても、冷却が追いつかなくなり海水注入開始。

首都圏では、軒並み電車が運休した。

余震や他の地域でも頻繁に地震が発生。

東京電力が電力供給が追いつかなくなる可能性があるため、
5グループの地域に分けた計画停電を開始。

記録のためどんどん追記予定

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。