空室のあり方など、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空室のあり方

先日見に行った物件の話

2800万円のファミリータイプ4戸の軽量鉄骨アパート
築年数は20年

見た感じ物件自体はそんなに悪くなかったと思う。

4戸中、3戸入居


空室の1戸についてだが、

前の入居者の表札が着いたままだ。

売主は入居募集する余裕がないのだろうか・・・

内見はしなかったが、リフォームする余裕がないのだろうか・・・
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

残債や収益性との兼ね合いで、大方想像がつきますよね。

リフォームする力が残っていない放置物件を見るたびに、悲哀を感じます。

しかしそこに運命の出会いが待っていたりもします。。

恵比寿のI at 2008/08/01(金) 03:18 | URL

恵比寿のIさん、コメントありがとうございます!

そうですね。
物件が物語を語ってくれるんですね。

黙ってそこに立っているけれど、
メッセージを発しているんですね。
tys at 2008/08/01(金) 21:42 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。