少し行き過ぎた? 金利 不動産など、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し行き過ぎた? 金利 不動産

昨日の日経平均は午前中下げて、

一時7000円を割り込みましたね。

その後、なぜだか急回復して、7621円で引けました。

かなりの銘柄が上昇していました。

やはり、急激に行き過ぎていたと言えるでしょうか。


なんたって、2日で1000円下げるの当たり前相場でしたから。

日経平均月足

直近の最高値からの日経平均月足チャートです。

横線の間隔は2000円です。

10月の下げがいかに異常なものか分かると思います。


昨日のNYダウが急反発し、

円/ドル、円/ユーロも円高から少し戻っていますね。

やはり、急激に行き過ぎたということだと思います。

長期的にどうかは分かりませんけど。


本日の日本市場もある程度買い安心感が広がっていると思います。


さて、金利の話ですが、

銀行ではなく消費者金融です。

電車の中吊り広告を見ていると、消費者金融の広告が目立ちます。

Pロミス 7.9~17.8%(実質年率)

Nローン 9.5~18%

Aイフル 6.8~18%

Cシュワン 12~18%


不動産投資の観点から金利を見るようになって、

金利4%以上は高いという認識なので、

金利を主張されても何も魅力を感じません。



株とかでもそうなのですが、

高い時期を知っていると、

つい高い時期を基準に物事を判断してしまいがちです。

「あのときに比べれば半分だから安い」みたいな。


そういう意味では、消費者金融業者は、

昔からすると相当金利が安くなっていると主張したいのかもしれません。

感覚が麻痺していますね。


消費者からすると、

銀行預金金利が1%にも満たない時代で、

あんな金利をでかでかと主張されても、

普通、何の魅力も感じませんよね。

それでも、借りる人はいるのでしょうけど。


ガイアの夜明けで不動産のことを扱っていました。

マンションデベロッパー苦戦

建設会社へ支払いができない

銀行融資が短期でも降りない

売れ残ったマンションを半値で現金仕入れして転売する業者の出現

気になったのが、転売業者は現金決済なのですが、

資金はどこから出てきているのでしょうか?


あと、今は不動産どんどん値下げしていて買いだよ!

みたいに実需を煽っているようにも思えました。
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。