住宅ローン減税の話 全国どこでもアパート経 大家さん学びの会など、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン減税の話 全国どこでもアパート経 大家さん学びの会

今日の天気はすごかったですね。

仕事の行きも帰りも雨に降られなくて良かったです。

風が強すぎて、傘なんてさせた状況じゃなかったですからね。



■投資家けーちゃん初の書籍

「満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営」

アマゾンキャンペーン中!!

詳細はこちら↓の記事をどうぞ

http://tys76.blog77.fc2.com/blog-entry-181.html


北野琴奈さん著

逆算で夢をかなえる 人生とお金の法則 同時発売



■住宅ローン減税、住民税も対象に含める?


昨年だったか、地方への税源移譲ということで、

住民税が一律10%になりましたね。

そのかわり、所得税が安くなり、トータルでは変わらないと。


しかしながら、住宅ローンの減税は所得税に限ったものであったため、

所得税が安くなった場合、減税額も必然的に安くなり、メリットが少なくなっていた。


低所得者層に住宅ローン減税のメリットがなくなるため、

住宅購入需要は必然的に下がることになる。


それでは困るため、住民税も対象として、住宅購入需要を喚起するのが狙いだとおもう。


国が国民に住宅を購入させることで得るメリットとは?



ズバリ、不動産取得税だと思う。


名義が動くだけで、税金収入が発生する。

不動産が動くわけではない。

何もないところからお金を作る。まさに錬金術だ。


不動産賃貸でいうところの、空室にしておくよりも、

安い賃料で貸して少しでも賃料収入を得る、といったところでしょうか。


政府は、国民からお金を巻き上げることに必死だ。


住宅ローン減税は、一見国民のために行うように見えるが、

実際は政府のために行っているのだ。


増税を行うと国民から猛反発を食らう。

しかし、減税という名の増税を行えば国民から喜ばれる。


国民は盲目だ。


是非、ファイナンシャルインテリジェンスを高め、

政府のトラップを見破り、

国民に良い方向に利用するよう考えよう。



■お宝不動産公式セミナー第二十一回 12月14日(日)開催

今回は、投資家けーちゃん北野琴奈さんの出版記念特別セミナーとなっています。


書籍の理解が100倍深まること間違いありません!

スケジュールの空いた方、まだ間に合いま!!

お宝不動産グッズ(セミナーDVDやツール)が3割引きで購入できるオマケつき!

お宝不動産公式セミナー第二十一回




明日は大家さん学びの会の勉強会に行ってきます。

お会いする方よろしくお願いしますね!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

住宅ローンで自分の住居を買った場合は、不動産取得税は役所に申請すれば、かなりの部分が控除されるんじゃなかったでしょうか。私が、二年前に自宅を購入したときは、全く払いませんでしたよ。
JIN太郎 at 2008/12/06(土) 15:48 | URL

JIN太郎さん、コメントありがとうございます!

たしかに、一定の条件を満たしている場合、申請することで不動産取得税の軽減措置が受けられるようですね。
勉強になりました。ご指摘ありがとうございます。
tys at 2008/12/07(日) 00:24 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。