短プラ長プラなど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短プラ長プラ

さんざん先送りにしてきた車のエンジンオイルを交換してきました。

エンジン音が静かになりました。

エンジンオイルは車の血液ですので早めの交換をお勧めします。



さて、金利について調べていると、

短期プライムレート(短プラ)

長期プライムレート(長プラ)

という言葉がよくでてきます。



短プラ、長プラって何なのよって感じですが、

短プラは、

1年以内の期間(短期)に貸し出す優遇金利

※優遇金利のことをプライムレートという


長プラは、

1年を超える期間(長期)に貸し出す優遇金利で、

長期国債の利率に連動するそうです。


しかしながら、

現在は長期の貸付は短プラを基準に

行われているのが大半だそうです(新長期プライムレート)


う~ん、良く分かりませんね(笑)


長・短期プライムレート(主要行)の推移

こちら↑を確認すると、

短プラより長プラの方が金利が高いですね。


固定金利においても、

3年固定より5年固定、

5年固定より10年固定と

固定期間の長い方が金利が高いですから、


短プラを基準にしたローンの方が有利なのでしょうかね。


しかしながら、

あるところでローンの確認をしたところ、

短プラ型より長プラ型の方が金利が低かったです。

なぜでしょう・・・よく分かりません。


果たして短プラベースで組むローンと

長プラベースで組むローンとではどちらがお得なのでしょうか?
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

安いほうです(笑)

kamochan at 2009/01/05(月) 08:04 | URL

kamochan、コメントありがとうございます!

なるほど!単純明快ですね。
あまり深く考えすぎても良くないですね。
tys at 2009/01/05(月) 19:19 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。