固定金利の期間など、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定金利の期間

最近、火事のニュースが多いです

火の元には注意しましょう。

物件お持ちの方、火災保険は入っていますか?


保険という商品は、

必要なときには買うことができない商品です。


リスクを無くし、不動産を守り抜くテクニック





さて、

最近ちょっと気になっているのが、

固定金利の期間ってどれくらいを選ぶのがいいのだろうか?

ということです。



ちょっと前までは、

これからは金利は上がっていくと言われていて、

可能な限り長い期間、固定金利にするのが安全(精神的に?)

なんてことも言われていましたね。



全期間固定ならば、

返済完了までの支払い額が確定しているため

一見、良いように思われますが、

本当にそうなの?

と思うわけです。



全期間固定の場合、

変動金利や3年、5年、10年固定の場合よりも

金利が高くなるのが普通ですよね。


繰上返済する場合にも膨大な手数料が掛かったりとか


そんなことを何回かに分けて

書いてみようと思います。


途中で挫折したりして・・・(笑)
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

DVDこうにゅうしてヒロXさんにかしてあげたんですけど、

返してくれません。

やはりひどい人です。
kamochan at 2009/01/06(火) 21:58 | URL

kamochan、コメントありがとうございます!

ヒロXさん、やはりひどい方だったんですね。
今度、返すように言っておきますね。
tys at 2009/01/06(火) 22:38 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。