預貯金のリスクなど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預貯金のリスク

世の中の大半の方の資産形成の方法は預貯金です。

預貯金は元本が保証されていて一見安全な様に見えます。
最近、普通預金の金利も上がりました。
※都銀では0.01%から0.1%

しかしながら、この預貯金にもリスクが存在する事をご存知でしょうか?

預貯金というのは実は毎年価値が目減りしているのです。

なぜ預貯金の価値が目減りしてしまうかといいますと、
その原因は世の中が基本的にはインフレになっているという事です。

インフレとは、物価上昇により貨幣価値が下がる事を言います。

日本では年平均4%のインフレとなっており、これをもとに計算しますと、
預貯金にお金を預けているだけで1年間で3.9%価値が目減りしてしまう事になります。

仮に100万円を預けておくと、1年後には96.1万円の価値しかないという事になります。
金額的には100.1万円ですが、物価と比較した場合は96.1万円の価値しかないという事です。
つまり、今100万円で買える物が、1年後には104万円必要になるという事です。

一見安全と思われている預貯金ですが、こんなリスクがある事を是非認識しておいて下さい。


■資産運用に必要な情報を提供・無料資料請求も出来ます【ALL投資情報比較】

■ひまわり証券で「投資のチカラ向上セミナースペシャルDVD」プレゼント実施中

■無料ダウンロード中
お金をかけずに投資が学べる小冊子
期間限定で無料配信中!!


★ブログランキングにご協力をお願いいたします
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。