床の修繕 セルフリフォーム 忙しいビジネスマンのためのはじめてのtwitter入門ガイドなど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床の修繕 セルフリフォーム 忙しいビジネスマンのためのはじめてのtwitter入門ガイド

リフォーム活動がまだまだ続きます。

今回のリフォーム活動は・・・


ブログランキング応援を是非お願いします!

メルマガ読者さんも募集中です!!
http://www.mag2.com/m/0000290502.html



まだまだ長い道のりのセルフリフォームですが、
 
今回は、床の修繕を行いました。
 
 

古い物件の内見をした祭に、

床が沈むところがあることってないですか?
 
 

正直、何の知識も無いので、
 
「これって、ヤバイのでは?」

とか、

「修繕に相当なお金が掛かるのでは?」
 
と思っていました。
 
 

しかし、
 
お家大好きさんに修繕方法を教えていただき、

僕でも無事に修繕を行うことができました。
 
 

正直な感想は、
 
「こんなに簡単に治ってしまうの?」
 
でした。
 

 
まずは、バールで沈む箇所の床をめくります。
 

バールでめくったところ
kodate010.jpg 
 

根太(ねだ)が見えています。

しかも、根太と根太の間に、さらに根太が追加されていました。
 

 
さらに、余計な部分を取り除きます。
 

バールだけだときれいにできないので、

のこぎりやカッターを使用しました。
 
 
余計な部分を取り除いたところ
kodate011.jpg
 
 
あらかじめサイズを計って、

ホームセンターでカットしてもらったコンパネを敷きます。
 
 
コンパネを敷いたところ
kodate012.jpg

 
 
ただ敷いただけではダメなので、

コンパネを固定する必要があります。
 
 

通常、木材を固定するもので想像するのが「釘」ですが、
 
今は、インパクトドライバーやドリルドライバーで打ち込める

「コーススレッド」というのが非常に便利です。
 
 
コーススレッド

kossred.jpg


 
充電インパクトドライバー

inpactdriver.jpg

 
 
充電インパクトドライバーでコーススレッドを打ち込むと、

職人になった気分を味わえ、楽しいです(笑)
 
 
コーススレッドで固定したコンパネ
kodate013.jpg


無事に床の修繕をすることができました。 
 

まだまだリフォーム完成までは長い道のりです^^;)









■twitterって何?

 最近、twitterという言葉を良く耳にします。
 
 不動産関連でいうと、投資家けーちゃんが始めたみたいです。

 でも、正直どんなものなのか良く分からないので、
 調べてみたら、こんなレポートを発見しました。
 
 このレポートを読んで作業をすることで・・・

 1.ツイッターアカウントの作成
 2.twitter.comサイトの使い方(管理画面設定、つぶやき方)
 3.あなたのつぶやきをできるだけ多くの人に見てもらう方法
 4.省力化してブログ集客に活かす方法

 といった方法を、知ることができます。

 最新のネットマーケティング手法として、
 注目を浴び始めているツイッターを有効活用するために、
 当レポート(画像解説メイン、全97ページ)をご覧ください。
 
 
 ▼忙しいビジネスマンのためのはじめてのtwitter入門ガイド~基本操作と楽しみ方のルール~

 
 ちょっとページ数が多いのですが、
 頑張って読んでみてください。
 
 
 無料レポートのダウンロードには、
 ダウンロード専用のメールアドレスをヤフーなどで作って使ってください。
 レポートスタンドの不正利用者からスパム的なメールが届いたりすることがあります。
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

床の修繕念いりにやっていましたね~

あの上からクッションフロアー貼ったらもうわかんないですよ~~

ツイスターって読むんですか?

ケンタッキーみたいですね~~
お家大好き at 2009/09/10(木) 20:45 | URL

お家大好きさん、いつもありがとうございます!

床の修繕は一度気になると、次から次へと修繕したくなってしまいました~~~

インパクトドライバーの「ダダダダダ」というのが、職人みたいで気持ちいいです(笑)

ツイッターと読むみたいです。
tys at 2009/09/10(木) 21:29 | URL

tysさん、スゴ腕ですね!感動しました~。素晴らしいです。

今回、床が沈んでいた原因は、床板が割れていたことなのでしょうか?

根太はいじらずに、直ったのでしょうか?

私の築42年物件も床が沈んでいるところがあるので、

自分で直せたら最高ですが…。

なかなか勇気が出ないですよね~。
ノリマキ at 2009/09/12(土) 12:13 | URL

ノリマキさん、ありがとうございます!

床が沈んでいた原因はですね、
フローリングとフローリングの継ぎ目が、根太に掛かっていなかったため、劣化して継ぎ目の強度が弱くなって踏むと沈むといった感じです。

根太自体に問題はありませんでした。


> tysさん、スゴ腕ですね!感動しました~。素晴らしいです。
>
> 今回、床が沈んでいた原因は、床板が割れていたことなのでしょうか?
>
> 根太はいじらずに、直ったのでしょうか?
>
> 私の築42年物件も床が沈んでいるところがあるので、
>
> 自分で直せたら最高ですが…。
>
> なかなか勇気が出ないですよね~。
tys at 2009/09/14(月) 04:56 | URL

こちらはセルフではないですが、空室がでたのでリフォームしなくてはならず
なので、すっごく勉強になりました。

床鳴りの原理、知らなかったです。

ありがとうございます!
yuki at 2009/09/14(月) 09:32 | URL

yukiさん、コメントありがとうございます!

根太に直接フローリングだと、避けて通れない気がしますね。
根太+コンパネ+フローリングであれば、大丈夫みたいですね~

> こちらはセルフではないですが、空室がでたのでリフォームしなくてはならず
> なので、すっごく勉強になりました。
>
> 床鳴りの原理、知らなかったです。
>
> ありがとうございます!
tys at 2009/09/14(月) 21:55 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。