口蹄疫で消毒液の需要が10倍になど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蹄疫で消毒液の需要が10倍に

宮崎県で口蹄疫の拡大が問題になっています。


韓国でも、同じ主の口蹄疫が発生しているそうです。



口蹄疫というのは、
牛や豚などのクチや足に水ぶくれが発生するウィルス性の病気です。



発祥した家畜と周囲の家畜は、
殺処分されてしまいます。


そして、周囲は消毒処理が行われます。



それに伴い、
消毒液の需要が10倍に膨れ上がっているそうです。


その消毒液は、イギリスで製造されていて、
性質上空輸はできなくて、船で運ぶしかできないようです。

注文から手元に届くまでは、2ヶ月かかるそうです。


この口蹄疫の問題はかなり深刻らしいですね。



でも
なぜ、宮崎県と韓国なんでしょうか?




口蹄疫が蔓延した → 消毒液需要が10倍になった

なのか、
はたまた

消毒液を売りたかった → 口蹄疫が発生した


なのか、いろいろ考えてしまいます。



深刻な打撃を受ける畜産農家もかわいそうなのですが、
殺されてしまう家畜たちはもっとかわいそうです。


生き物ではなくて、モノとして扱われているのですから。

関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。