お金は銀行に預けるななど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金は銀行に預けるな


公認会計士の資格を持つ勝間さんの著書です。

銀行にお金を預けておくだけでは、
投資で得られる利益を放棄しておくことになるため、
一番安全と思われているが、
機会損失というリスクを抱えている。

そのリスクを回避するためには、
投資信託をはじめとする金融商品に
分散投資する必要がある。

その金融商品を選ぶには、金融リテラシーが必要だが、
今の日本人にはその金融リテラシーが不足しているのが現状で、
金融リテラシーを身に付ける必要性を説いている。




この本で言われている、

銀行にお金を預けておくな
金融リテラシーを身に付ける必要性

には大いに共感できました。

しかしながら、

投資信託をはじめとする金融商品に分散投資することを勧めている点、
平均して何%成長しているなどと言う点には、

あまり共感がもてませんでした。


金持ち父さんで言われていますが、
一般的な人にとって、投資信託に分散投資することは良い選択だ。
一般的な人にとっては。

まあ、世間一般に向けて書かれているので、それでいいのでしょう。

ただ、価値の減るリスクを少なくしているだけであって、
投資から大きな利益を得ようとしている選択ではないということです。

つまり、左側のクワドラントの人には最適の投資になるが、

右側のクワドラントに人には必ずしも最適ではない、むしろリスクが高いということです。


どちらのクワドラントにいたいかは、あなたの自由です。

関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。