SoftbankとauのiPhone4S通信速度差はウソなど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SoftbankとauのiPhone4S通信速度差はウソ

今週いよいよiPhone4Sが発売されます。
今まで日本で独占供給してきたSoftbankと、新たにauから発売されます。

そこで、いったいどっちのキャリアのiPhoneを選んだらいいのかと議論される中で、Softbankとauの通信速度が上げられることがありますね。

Softbankでは下り最大14.4Mbps
auでは下り最大3.2Mbps

auは電波の繋がりはいいが速度が遅いので、速度の速いSoftbankがいいなんて論調もありますね。

上記で問題なのは、「最大」というところです。

しかし、通信速度で一番重要なのは、「最大」ではなく「実際はどれくらいの速度で繋がるのか?」です。


ちなみに現行のiPhoneは、最大7.2Mbpsで通信することが可能です。

ここに実例を挙げておきます。
私のPC回線は、12MのADSLですが、実測は2Mbps程度しか出ていません。そして、この2Mbpsの回線をiPhoneでWifi接続して使うほうが、3G回線で接続するよりも速いです。

つまり現行の最大7.2Mbpsで通信可能でも、3G回線では実際は2Mbps以下しか速度が出ていません。
決して電波が悪いところではなく、Softbankユーザーが集中していて回線が混雑している場所とは到底思えません。(都心でもありませんので)


現行のiPhoneがSoftbank回線で実測2Mbps以下なので、最大がいくら上昇してもほとんど関係がないです。あくまでiPhone4Sのスペックが14.4Mbpsに対応しているというだけです。

そういう意味では、auの3.2Mbpsでも十分実用可能範囲内ということになりますので、通信速度でどちらを選ぶか判断するのは、あまり賢い選択とは言えないでしょう。


Softbankでは下り最大14.4Mbps
auでは下り最大3.2Mbps

これは、通信回線の規格上の最大速度にしか過ぎないのです。
Softbankもauも通信速度自体は大して変わらないのではないかと想像します。


まあ、今日時点の情報でiPhone4Sを売る気が強いのはSoftbankの方みたいですね。
iPhone4Sの予約をしましたが、今までどおりSoftbankにしました。特に電波が入らなくてめちゃくちゃ困ったことも無い(仮に電波が入らなかったら入らなかったで潔くあきらめてしまう)ので、別にauにするメリットは今のところ何も感じません。

逆にいまauの人がSoftbankのiPhoneにするメリットも特には感じません。auの場合は、通信中に電話着信があると通信が中断されてしまうとか、通話中に通信できないとかいろいろ言われていますが、そんな状況になるのはそんなに頻繁にあることではないんじゃないかと思います。(人によるかもしれませんが)

最終的には、自分で好きなほう選んでね!って感じになっちゃいますよね。投資は自己責任ですから(笑)

人気のiPhoneアクセサリー
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

(すみません、突然お邪魔します)
管理会社に対する不満や納得できないこと…、多々ありますよね~?

クチコミサイト【東京管理会社スタンダード】にお寄せください。
http://www.kanri-standard.com/

賃貸オーナー同士が有益な情報を共有して、アパマン経営をより安全・確実なものにして行きましょう!
管理会社クチコミ掲示板 at 2011/10/25(火) 15:18 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。