首都高速の料金体系変更で何が変わるの?など、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都高速の料金体系変更で何が変わるの?

首都高速道路の通行料金が、2012年1月1日から距離別料金に変更になりました。これでいったい何が変わるんでしょうか?

今までは、東京は700円、神奈川線は600円、埼玉線は400円で、一部の短い距離は特別料金でした。

この定額制から距離別料金になって何が変わるのかというと、今までよりも通行料金が高くなったり、安くなったりする人が出てくることですね。

これは、今まで得をしていた人たちが損をし、今まで損をしていた人たちが得をするようになって、全体的には平たくなったということですかね。

得をする人(値下げの恩恵を受けられる人)はどんな人かというと、今まで通行料金を900円以上支払っていた人たち

対して、損をする人(値上げになってしまう人)は、東京線であれば18km以上走行する人、神奈川線であれば12km以上走行する人、埼玉線は走行する人すべてですね。

その代わり、神奈川線、東京線、埼玉線をまたいで走行する人は全員お得になりますね。

私は神奈川県で、首都高を利用する時はたいてい神奈川線と東京線をまたいで走行する時がほとんどなので、通行料金は900円と値下げの恩恵を受けることができます。

がしかし、神奈川線のみの利用の場合、今まで600円で済んでいた(これでも数年前に500円から値上げされてるんです)ものが、900円になってしまう可能性もあるので、この辺りは痛いですね。

通行料金検索できるWebページもあるようなので、一度よく利用する入口からの通行料金を確認しておくといいでしょう。
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。