法人税の税率を上げたって意味なんかないなど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人税の税率を上げたって意味なんかない

法人税の税率を上げたって意味なんかないらしい。

今日読んだ何かの記事に、法人税を納税をしているのは法人の3割程度と載っていた。

逆を返せば、法人の7割は法人税を払っていないということだ。

それだけ赤字になっている企業、または赤字にしている企業が多いということになるわけだ。

法人税率をあげるということは、律儀にも法人税を支払ってくれる3割の優良企業の首を締めることにほかならない。法人税を払っていない7割の企業はなんの痛みもない。

本当にうましかなんではないかと思わざるをえない。

法人税、所得税を廃止して、消費税に一本化とかしたらどうなんだろうね。

消費税も還付制度とかなくして、最終消費者だけでなく中間からも取り立てたら税収ウッハウハだよな。
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。