収益マイホームの思わぬ落とし穴など、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収益マイホームの思わぬ落とし穴

収益マイホームを購入する人は、こういうことは考慮してるのかなぁと、思ったことを書いてみました。

まず、収益マイホームというのは、自宅と一緒にワンルームのアパートなどを含めた複数世帯の住宅のことです。

住宅ローンで購入することができ、ローンの返済は併設したアパートからの家賃収入で行い、良ければお金が手元に残る場合があり、自分でローンの返済を行う必要がないという一見、優れたものです。

ただ、物事には良い面もあれば、必ず悪い面もあります。その悪い面をカバーできるのであれば、収益マイホームを行う価値はあるかもしれませんね。

まず、収益マイホームは通常のマイホームに比べて価格が高くなる傾向にあります。自宅+アパートですから、建築面積が増えますので。

ということは、ローン総額も高くなり、月々の返済額も高くなります。

一番のリスクは、月々の返済を35年間継続することができるのか?ということだと思います。

ですので、購入前にしっかりとした収支シミュレーションを行っておく必要がありますね。

タダでマイホームが購入できると思っていたのに、下手したら普通にマイホームを購入した時よりも、多額のローン返済を負担することにもなりかねないですからね。

そして、アパート部分については、退去が発生するごとにリフォーム費用が掛かってきますし、家賃の値下がりも考慮しておかなければいけませんね。

空室期間も長くなれば、ローン返済原資が自分になってしまいます。

さらには、設備の故障。これは、エアコンや給湯器などが金額が張るものになります。

などなど、落とし穴がいっぱい掘られています。(収益マイホームに限った話ではないですが)

単なるマイホーム感覚で買ってしまうと、思わぬツケを支払うことになるかもしれません。

ということで、収益マイホームを購入する時は、以下のことには最低限注意しておく必要があります。

・家賃収入に対するローンの返済比率はどれくらいか?
・全室空室時に、ローン返済する余力があるか?
・満室でも、突発的な出費が発生することがある
・収益マイホームは、賃貸経営である

これらをカバーできなければ、その収益マイホームは破綻する可能性があります。

全室空室になることなんてあり得ない?

もしそう思っているなら、あなたのその考えは、とても危険と言わざるを得ないでしょう。
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。