消費税増税法案が衆議院を通過など、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税増税法案が衆議院を通過

今日、消費税増税法案が衆議院を通過しました。これで、消費税の増税は間違いのないものとなりました。

今日という日が、歴史的な転換点のひとつになるのは間違いないないと思います。それが、良い意味でなのか悪い意味でなのかは後になってみないと分かりません。

現時点での見え方は悪い意味での転換点と捉えられています。

消費税の増税により、国内消費が落ち込むのはほぼ間違いないと思います。なぜなら、消費税を支払いたくないから消費を控える人と、消費はしたいが消費税を取られて消費できる余力が少なくなってしまう人が少なからず現れるからです。

企業の売上が下がれば、企業の収益を圧迫し企業業績の悪化を招きます。企業業績の悪化はボーナスの削減から始まり、給与削減、人員削減へと繋がり、人々の消費余力を削ぐ結果になるでしょう。

その結果、消費税の税収が落ち込むことも考えられます。

今の時点で、10%の消費税率では足りないため、いずれは更なる税率増が行われるだろうと言われています。

消費税の税収減は、やがてやってくる税率増の期限をより早めるものと考えられます。

利益を生まない借金のツケはこうして国民に跳ね返ってくるわけですが、借金をした世代と、ツケを支払わされる世代が違うということです。

さて、これからの日本はどのような道を進んで行くのでしょうかね。

より不安定な世の中に向かって、少子化はよりいっそう加速しそうな気がします。
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。