クレジットカードでポイントを損していませんか?など、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードでポイントを損していませんか?

あなたは、クレジットカードでポイントを損していませんか?

公共料金の支払いや、手持ちがないときの買い物などクレジットカードが活躍する場が多くなってきました。

何気なく使っているそのクレジットカード。ポイントも貯まって商品券などに変えられますが、実はポイントを損してないでしょうか?

ついこの前、メインで使うクレジットカードを楽天カードに変更したわけですが、変えてからつくづくポイントを損していたのかもしれないと思うようになったんですよね~w

今まで使っていたクレジットカードは、ポイントを商品券ではなく現金に換えることができたので(といっても、カード利用代金と相殺されてしまうのですがw)使い続けていたんです。他のクレジットカードには興味もなかったのでww

ポイントは、1000円(税抜き)利用して1ポイント獲得。200ポイントで1000円のキャッシュバック。1ポイントは5円ということになります。

20万円使ったら1000円返ってくる感じw

この1000円で1ポイントというのは、一般的なクレジットカードの典型だと思います。

で、今度使うことにした楽天カードは、100円(税抜き)で1ポイントもらえます。楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として楽天で使うことができます。

今回は、この2種類のクレジットカードについて比較しようと思います。

1000円で1ポイント(5円相当)を獲得できるカードをAカードとします。

ポイントの還元率でみると、
・Aカード:0.5%(1000円で1ポイント ⇒ 金額換算で5円)
・楽天カード:1%(100円で1ポイント ⇒ 金額換算で1円)
になります。

還元率では楽天カードはAカードの2倍です。この時点で、すでに楽天カードの方が有利です。(注意:決して楽天カードを推奨しているわけではありません。単なる1例です)

ところがですね、これ単なる還元率2倍という話しでは済まないんですよね

何でかというと、それはどの時点でポイントが付くかという基準が2つのカードでは異なっているからなんです。

ポイントの付与基準
・Aカード:1000円で1ポイント
・楽天カード:100円で1ポイント

見て分かるとおり、ポイント付与基準のケタが1ケタ違いますよね。ここが肝ですよ。1000円単位でポイントが付くのと、100円単位でポイントが付くのでは、雲泥の差がつくということなんです。

たとえば、19,800円の買い物をクレジットカードでしたとしましょう。その時にそれぞれのカードでもらえるポイントは以下になります。

19,800円の買い物の場合の付与ポイント
・Aカード:19ポイント(19800/1000 ⇒ 19.8) ⇒ 95円相当
・楽天カード:198ポイント(19800/100 ⇒ 198)⇒ 198円相当

ポイント還元率はAカードが0.5%で楽天カードが1%で差は2倍でしたが、この場合、実際にもらえるポイントを金額換算すると、差は2.08倍(198円/95円*100 ⇒ 2.08)に広がりました。

1000円単位で計算すると差は2倍のままですが、100円単位の端数が出ると差は広がってしまうということです。

というところから、クレジットカードのポイント付与基準は、1000円で1ポイントよりも100円で1ポイントの方が有利ということになります。

以上のことから、お得なクレジットカードを選ぶには、ポイント還元率(0.5% or 1%)、ポイント付与基準(1000円単位 or 100円単位)に注意を払ってみるのが大切かもしれません。

まあ、その他にも特定の買い物でポイントがたくさんもらえるとか考慮する点はあるでしょうが、今一度、あなたの使っているクレジットカードを確認してみてはいかがでしょうか?

どのクレジットカードが自分に合っているかはいろいろ調べてみるといいと思います。
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。