iPad miniの処理速度は遅いなど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad miniの処理速度は遅い

iPad miniでガッカリな部分の1つが、スペックの低さと言われています。

iPadミニのチップ(CPU)は、デュアルコアA5チップです。これは、2世代前のiPad2と同じです。

1世代前の第3世代iPadは、デュアルコアA5Xチップ、今回はミニと一緒に発表された第4世代iPadは、デュアルコアA6Xチップです。

だから、古いiPadと同じチップのiPad miniは遅いのでは?と思われています。


でも、実はよく考えてほしい部分があるんですけど、iPhone持ってますか?

iPhone4ですか?それともiPhone4Sですか?はたまた最新のiPhone5でしょうか?

iPhone5は出たばかりなので、大半の人はiPhone4かiPhone4Sだと思いますけど、iPhone4SのチップはiPad miniと同じA5チップなんですね。(厳密にはチューニングが違うかもしれませんが、ベースは同じ)

ですから、iPhone4Sを使っていて処理速度に不満がなければ、iPad miniでも特段処理が遅いと感じることはないと思います。

むしろ、高速無線LAN、LTEに対応しているのでより高速になった感じがするかもしれません。

まあたしかに、最新のiPadやiPhone5と比べると処理速度が遅いことは間違いないでしょうが、実用速度としてはそんなに遅くは無いというところではないでしょうか。

iPad miniの処理スペックについて考察してみました。
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。