日銀の追加緩和で円高など、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀の追加緩和で円高

日銀が11兆円の追加金融緩和を発表しましたが、為替が円高方向に振れました。なぜでしょうか?

本来、金融緩和を行い市場にお金を供給すれば、通貨の価値が下がるので通貨安の方向に向かいます。

だから、通常であれば為替はより円安に向かいます。

しかし、今回の発表後は円安方向ではなく、円高方向に向かいました。

その理由を考えると、俗にいう投機筋の動きが関係していると思います。

事前に日銀が追加緩和を行うのは、市場にでは既定路線と考えられていました。

つまり、円安方向に向かうということで、すでに円売りは行われていたわけです。

さらに市場では、追加緩和の金額が焦点になっていました。

20兆円の緩和をすればサプライズ。10兆円程度なら想定範囲内。

だから、20兆円の追加資金供給を行うかが今回の発表のポイントでした。

で、実際の発表は11兆円だった。

20兆円を想定して円を売ってきた投機筋は、予想よりも結果が良くなかったので、円売りポジションを解消した。

円売りポジションを解消するとは、円を買い戻すという動きになります。

だから、日銀の追加緩和発表後に為替は円高に振れたということが考えられます。

株式市場もそうですが、為替市場も短期的には思惑で動いているということができます。

いったん円高に振れましたが、現時点では、追加緩和発表前の水準に戻っています。

つまりは、追加緩和発表前にはすでに追加緩和を織り込んだ相場になっていたということですね。
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。