円安になると貧乏になるなど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円安になると貧乏になる

自民党の安倍総裁の金融緩和発言で、円安そして株高へ動いていますが、円安になると日本で生活している普通の人は貧乏になるんです。

なんで円安になると貧乏になるのかというと、それは輸入品の価格が上がるからです。

いま、デフレ、デフレと叫ばれて久しいですが、食料などで値段の恩恵を受けているのは、中国産などをはじめとした輸入食材ではないですか?日本産の食品は相対的に値段は相変わらず低所得者にとっては高いままです。

輸入食品はなぜ安いかというと、人件費の低さもありますが、円高の恩恵を受けているからに他なりません。

もし円安になれば、必然的に輸入食品の価格は上昇します。日本産の食品が円安になったからといって安くなるわけではないので、食費は上昇方向に向かうでしょう。

一番影響があるのは、食費ではありません。

いちばん問題なのは、原油の価格が円安により高くなるということです。
原油が上がると、「ガソリンが上がるから車に乗りにくくなるなぁ」と思ったあなた、要注意です。

原油価格が上がると、当然ガソリン価格も上がりますが、実はそれだけではないんです。

原油というのは、いまの日常生活においてありとあらゆるものに関わりがあるということを知っていますか?

プラスチックなどの樹脂製品、衣類その他諸々。原油がないと現代生活は成り立たないぐらいの関わりがあるんです。

だから原油価格が上がるということは、日常の生活用品全般が値上がりせざるを得ないということです。


じゃあ、円安になったからといって、収入(給料)は増えますか?

正直なところ増えないでしょう。ということは、円安になって収入が増えない状況では、生活費のみが上昇するため、自由に使えるお金が少なくなり、どんどん貧乏になっていくということです。

円安につづいて、インフレになればそのスピードはさらに加速していくことでしょう。

給料だけに収入を頼っていると、とても危険だと思いませんか?

お金の教養講座(無料)でもっとお金について賢くなりませんか?
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。