楽天でんわが出ても携帯電話キャリアは通話料を値下げしないなど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天でんわが出ても携帯電話キャリアは通話料を値下げしない

先日、楽天でんわなるものがリリースされましたね。スマホユーザーにとってはなかなか良心的なサービスだと思いますね。

楽天でんわの概要
・050PlusをはじめとするIP電話とは違い、携帯電話網で通話するので、通話品質が良い
・通話料がホワイトプラン(ソフトバンクの場合)の半額になる。
・発信者番号はお手持ちの携帯電話の番号のまま。
いわば携帯電話版のマイラインですね。

注意点は同キャリア間無料通話の対象外になる。(自キャリア間は通常の電話アプリを使いましょう)


ざっくりこんな感じで、同一キャリア間通話に注意さえしていれば、使わない理由がまったく見当たらないサービスですね。


で、このサービスってドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯キャリアにとって何気に驚異じゃないですか?って思いません?

だって、有料携帯通話は全部楽天でんわに持っていかれて、通話料金収入が激減するかもしれないじゃないですか?

そんな時に、そうはさせじとソフトバンクあたりが通話料の値下げを断行して価格破壊を起こしそうとか思いがちですが、たぶんそんなことはあり得ないでしょうね。


楽天でんわが出て来ても、携帯キャリアは通話料の値下げはしないでしょう


まず、携帯電話の同キャリア間無料通話を始めたのはソフトバンクなわけですが、

同一キャリア間無料通話というのは、いまは全キャリアが提供していますが、本来は弱者が契約者数を増やすための戦略だったわけです。

弱者というのは、回線契約数の少ない劣勢の携帯キャリアのことです。

同一キャリア間無料といっても、携帯電話全体からすると、無料通話の対象となる相手は限りなく少なく、圧倒的に他キャリアの数の方が多いわけです。

だから、自キャリア間の通話を無料にしても、他キャリアへの通話料金で利益が出るというビジネスモデルなわけです。だから基本料が安くて自キャリア間の通話が無料でも、他社への通話料金は高いでしょ?

ソフトバンクが始めてもなかなかドコモやauが追随できなかったのは、自キャリアの回線契約数が相対的に多いので、自キャリア間通話を無料にすると、通話料金収入が激減するという理由からと判断できます。

しかしながら、ソフトバンクが驚異的な勢いで契約者数を伸ばすのを見過ごすことができないため、ドコモもauも身を切る思いで自キャリア間の無料通話を開始したと思われますね。

簡単に話すとこんな感じで、同一キャリア間通話無料のプランはいまスタンダードになってるわけです。


で、そんなところに更なる追い討ちをかけるように楽天でんわが登場したわけです。


ここで、もしキャリアが楽天でんわに追随して通話料金の値下げを断行したら、収益にかなりの大打撃を与えることになるでしょう。


キャリアが楽天でんわに追随しないと考えられる理由

1.自キャリアの楽天でんわの利用者数が自キャリアの契約者数に比べて少数だろう

いくら楽天でんわだと通話料金が安いといっても、実際に利用する人は、それほど多くはならない。

自キャリアの大多数が楽天でんわを利用していなければ、自らの通話料金を値下げするメリットは収益上ほとんどない。(契約者数は伸びるかもしれない)

今ある利益を自らドブに捨てるような行為を誰がわざわざするでしょうか?利益を追求する企業からは考えられないことです。



2.楽天でんわに多少の通話を奪われても、その分の回線接続料収入がある

楽天でんわは、携帯電話キャリアの回線網からフュージョンコミュニケーションの携帯回線網に通信をシフトさせることで安い通話料金を実現しています。

そこで、携帯キャリアの回線網に接続するため、携帯キャリアに接続料を支払っています。

だから、携帯キャリアは楽天でんわに通話を奪われても、その分の収益をすべて失うということではないわけです。


以上のような理由から、携帯キャリアが楽天でんわに追随して通話料金を値下げすることはないでしょう。

もし、仮に通話料金を値下げする場合、同一キャリア間の通話無料は無くなるのではないですかね。
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。