出口戦略ってなど、不動産投資を中心にハッピー&リッチを実現!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出口戦略って

不動産を買うときは、売るときの事、つまり出口戦略を考えることが重要と言われますが、

いざ物件を探していると、目の前の利回り、価格だけに目が行ってしまい、

出口戦略を考えられていない場合が非常に多いです。


なんでだろうと思い、昼飯を食べながら考えていましたら、その重要性が分かりました。

他のことにたとえると非常に分かりやすく、かつ、当たり前のことでした。


どこかに行くということにたとえると非常に理解しやすいです。

たとえば、バス(電車でもなんでもいい)に乗る。

どこに行くか決めずにバスに乗る人なんていないですよね。

バスに乗るからには行く場所が決まっています。

これが目的です。

どこかに行きたいから、その手段としてバスに乗る。

バスに乗ったからには、目的のバス停で降りる。(出口)

ですよね。

バスに乗るから、どこかに行く。

ではないですよね。


日常で行っている当たり前のこと。

出口戦略と聞くと、なんか難しい感じがしますが、当たり前のことなんですね。



ロバート・キヨサキや投資家けーちゃんは言っています

「投資はプランだ」

自分がどうなりたいのか?

月々10万円程度のおこづかいが欲しいのか?

サラリーマンをリタイアしたいのか?

ドナルド・トランプになりたいのか?

などなど・・・

自分がどうなりたいかにより、選ぶべき手段、規模が変わってきます。


先ほどのたとえにしますと、

・東京から鹿児島にいきたい。

選ぶべき手段は、徒歩?、バス?、タクシー?、電車?、新幹線?、飛行機?、船?

徒歩は安いですけど、非常に時間が掛かり、ひょっとすると目的地にたどり着けないかもしれない。


・東京からハワイに行きたい。

選ぶべき手段は、徒歩?、バス?、タクシー?、電車?、新幹線?、飛行機?、船?

徒歩は安いけど、絶対にたどり着けない。


プランが大事で、それにより目的地がきまり、その目的地へ行くために手段を選ぶ。

不動産というのは、手段であって目的ではない。

不動産投資を行うことが目的ではない。あくまで目的を達成するための手段の一つにすぎない。

このことを常に肝に銘じておく必要があるんだと感じました。
関連記事
この記事を読んだよ!と、Twitterでtysにつぶやく ⇒ 読んだよ!
この記事があなたのお役に立ったならクリックを♪ ⇒ 役に立ったよ!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 2006-2011 投資の部屋 by tys All Rights Reserved.
運用を専門家に任せる アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。